2022年6月14日(火)追記

戦地に行く勇気はない。行く勇気はなくても、救いたい勇気はある。

メディアを見てただただ、くだを巻くなんていう勇気はない。

ぽっちゃりチャンネル新潟店の年間売り上げの1%をウクライナ避難民支援ために寄付を開始しました。

https://www.city.niigata.lg.jp/shisei/kokusai/oshirase/ukraine0531.html

ヨンデ、ナイチャッタ。

ウクライナの兄弟姉妹たちに沢山、寄付が出来る様に頑張るよ。

2022年3月11日(木)追記

Молитва про панахиду всім душам.

東日本大震災から早いもので11年。

被災された兄弟姉妹たちに、心よりご冥福とお見舞い申し上げます。

コロナ禍で大変なご苦労をされている中、兄弟姉妹の心の傷が1日でも早く癒えること。そして愛する故郷に戻れる日を心から願っております。笑顔で過ごせる「Мирний світ」でありますように

Надія на Японію, надія на світ.

2022/03/11/14:46:18

2021年3月11日(木)更新

僕は、あの日の出来事をこれからも忘れたり出来ないだろ。

あの日から10年。

まだ当時の揺れた感じをリアルに昨日の事の様に伝えられるほど脳裏に残っています。

最近、1人になると「終。」を、意識している自分がいる。

もう。そう遠くない未来、このお店は風俗活動を終えるだろう。でも、僕は風俗活動を終え、次のステージに行っても、この義援金活動を東北の兄弟たちの為に微力ながら続けさせて頂きます。また、義援金だけではなく、別の何か他の形で「笑顔」を届けられないかな。あれから10年経って手探りで何か模索している、そんな自分の心変わりも告白しておきます。

全ての魂に、鎮魂の祈りを。

2021/03/11/14:46:18

2021年2月22日(月)更新

県内の医療従事の方々のワクチン摂取がスタートしたとの報道を受け、コスチューム代を義援金に当てていた活動をこれにて休止しますことをご報告致します。期間中のご利用誠にありがとうございました。このような義援金活動は引き続き、行って参る所存です。

2020年12月13日(日)更新

県内の医療従事者をはじめとする方々の活動を下支える為、当店でご利用されたコスチューム代は、県内の医療従事者の方々にワクチン摂取が開始されるまでの間、全て下記の義援金に当てることとします。

にいがた結(むすぶ)プロジェクト~新型コロナウイルス感染症対策等応援基金の募金~

2020年12月5日(土)更新

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震により、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申しあげます。

2011年震災の年。その震災の約半年後の11月に誕生したのが、まさにこのお店。まさかここまでお店を運営しているとは当時の私は思いもよりませんでした。「2年もできたらいいな。」そんな軽い感じでした。当時は金も、人も、そして信用も(ア、コレハイマモカ・苦笑)なく、でも、毎日好きな、大好きな仕事だけが出来る環境に、とても幸せを感じていました。これは今もですが、このお店の成り立ちを誰かにお伝えするときには必ず、先にこの文言を言います。「震災の2011年の年に、」とね。そして続く言葉が「出来たお店なんですよ。」この言葉を、口にする度、私の心のどこかに、忘れてはいけない何かがあるのだと最近そう思い始めた。

そして、その思いを、こんな形で具現化出来るまでに成りました。

東北からいつも県内のぽっちゃりシーンを応援してくれている兄弟。あれから結構たっちまったけど。遅ればせながら、2020年から当店、ぽっちゃりチャンネル新潟店の年間売り上げの1%東日本大震災の復興支援のため、「1% for the east japan」を始めるよ。

 

 

 

そして、当店はこれを皮切りに、風俗活動の側、主に県内のこども食堂(オナカヲペコペコニヘラシタチビッコタチ)への寄付や、地球環境活動の義援金活動にも、微力ながら力を注いで今後は風俗活動をして行こうと思います。